下田直人公式サイト

下田直人プロフィール

下田直人

埼玉県出身 1974年生まれ

株式会社エスパシオ 代表取締役

 

2002年に28歳で社会保険労務士事務所を開業。

当時は、まったく重要視されていなかった就業規則を使って、会社をよくしていくことを提唱し、全国で講演、本の執筆を多く行うようになる。

 

特に、「なぜ、就業規則を変えると会社は儲かるのか?」(大和出版)は、就業規則という超ニッチな分野にかかわらず、ヒットした。

 

その後、コーチング、ファシリテーションのスキルを学び、幸せな会社、やりがいを感じる会社づくりのお手伝いをメインの仕事として、企業研修や経営者・フリーランスの方のライフコーチング、ディスカッションパートナー、企業の経営顧問を行っている。

 

その過程で、儒学との出会い、世のために活動する多くの実践者との出会いから、自分の命の使い方を考えるようになった。

主な著書

「「就業規則の神様」が明かす”幸せな会社”の社長が大切にしていること」
(大和出版)


「人が集まる会社 人が逃げ出す会社」
(講談社)


「優良企業の人事労務管理」
(PHP)


「勝ち組企業の就業規則」
(PHP)

「嫌われ上司になっても部下に教えたいルール」
(中経出版)


「なぜ就業規則を変えると会社は儲かるのか?」
(大和出版)

「みんなが良くなる みんなでつくる みんなの就業規則」
(共著)(日本法令)


その他多数

最近の講演のテーマ

「人が逃げ出す会社を人が集まる会社に変える仕組み」

「法律を超えた働き方改革~やりたいこをやれる人になるために~」

「「良心」が経営を変える」

「誰と出会うかで人生は大きく変わる~人生の先輩から教わった楽しむ生き方~」

「陽明学ででっかく生きる」

「良心で会社の労務管理を考える」

「ブックカフェAETHERの恩送りカードができるまで」

主な講演先(敬称略)

厚生労働省、東京都、東京商工会議所、東京商工会議所各支部、所沢商工会議所、網走商工会議所、福島商工会議所、東京都社会保険労務士会、鹿児島県社会保険労務士会、大分県社会保険労務士会、岡山県社会保険労務士会、福井県社会保険労務士会、その他都道府県社会保険労務士会支部、中小企業福祉事業団、川崎信用金庫、全国信用金庫同友会、倫理法人会、明治大学、獨協大学、天狼院書店、その他業界団体・一般企業

ご提供できるサービス

未来会議

経営者と従業員で、もしくは従業員だけで、「共に良くなる未来」を考え、話し合う場を創り出す。未来会議は、会社と従業員が「共によくなる!」関係をつくるためのワークショップです。

ディスカッションパートナー

頭の中がもやもやする。自分らしい生き方・在り方をはっきりさせたい。目標達成までの筋道がイマイチイメージできない。自分のことが一番わからない。それが世の常です。自分の姿を正確に知るためには何が必要でしょうか?

SHIZUKA研修

shizukaは沖縄の自然の力を利用して行うプログラムです。このプログラムを通して、日常置き去りにしている課題や問題意識、もやもや感をじっくり見つめていきます。

ご相談はこちらから