ラジオ運命図書館共通

【10月17日のラジオ運命図書館は第二回一人語りです】

3回にわたって一人語りを行なっていこうと思っています。
今週来週は2回に分けて、幸せな人がどんな習慣を持っているかについてお届けいたします。

幸せな人の習慣ということで、いろんな人の話を聞いてわかったことがあります。それは「世のため人のために生きる」ことが大事だということです。この言葉は表現を変えていろんな経営者の口から出てきます。

ある北海道の水産会社は地元でよく知られている企業でした。しかしO157の食中毒を出して倒産寸前まで売り上げが減りました。それが今では食中毒前の3倍の売り上げになっているそうです。

そんな水産会社の社長に聞きました。「どうやったら幸せになれますか?」と。
社長は間を入れずにこう答えました、「そんなの聞かなくてもわかっているでしょ、世のため人のために働くことですよ」と。

もう少し打ち解けないと正直なことをお話ししていただけないのかな、と思い始めていた時に、即答で答えてくださったこの言葉。本音で言ってくれ、そして物事の本質を捉えていると感じました。

経営者や社員さんの研修をやらせていただくことがあります。そんな時に、「あなたの願いはなんですか?」と聞きます。出てきた答えに対して「実現するとどんないいことがありますか?」と問います。これを繰り返し問い掛けていくと、最後には皆「幸せになります。」という答えが出てきます。

そう、みんな幸せになりたいのです。

僕はこのことが衝撃でした。

そしてさらに尋ねました。
「幸せになるにはどうしたら良いですか?」と。
そうすると皆行き着くところは「人のお役に立つこと」だと言いました。
そうか、人は皆幸せになる方法を知っているんだ。
幸せになる方法がわかっているんだ。
と。
僕はさらに衝撃を受けました。

人間には教えられずとも知っていることがあり、これを良知と言います。教えられずとも持っている人間本来の心を良心と言います。これまでの経緯をまとめるとこの良心に従って生きることが幸せに繋がりそうです。ではどうやって良心を発揮していけば良いのでしょうか。

その方法は3つあると思います。

1つ目は日常の中で良心を意識すること
2つ目は仕組みを作ること
3つ目は自分の天命を知ること
です。

日常の中で良心を意識するためにはどうしたら良いでしょうか。それは人と相対した時にその人が自分の身近な人だったら、と考えてみることです。自分の家族だったらどう接するのか。これを念頭に置いて行動することが大切です。

良心が思わず発揮されてしまうような仕組みを作るとどんなことが起こるでしょうか。

これはベトナムのホーチミンでベトナム料理のお店の話です。このお店には理念があります。

それはきていただいたお客様に本当に満足してもらい、幸せな空間を過ごしていただき、お客様の良心が引き出されるようなお店にする、というものです。

あるときこのお店に転職してきたマネージャーがいました。
そのマネージャーはとあるお客様がフレンドリーに帰っていく姿を見て衝撃を受けました。なぜなら前のお店でもそのお客様は常連だったのですが、その時は態度が横柄でみんなから嫌われていたからです。

そんなお客様に良心が引き出されるような接客をしたら同じお客様でも対応が違う。
シチュエーションや環境によっていい人にも悪い人にもなりうるのです。
だからついいい人になってしまう場面設定や環境を作っていくことが大事なのです。

後半はまた来週10月24日にお届けいたします。

私、下田の第二回一人語りのラジオ運命図書館、お楽しみに!

10月17日 7時00分~7時30分
インターネットラジオゆめのたね放送局
番組名 ラジオ運命図書館
パーソナリティー 下田直人
聴き方はこちらから ↓・・・・・
以下のURLからパソコン&スマホから聞けます^_^
https://www.yumenotane.jp/

< ゆめのたねラジオの聴き方 >
1ゆめのたね放送局ホームページにアクセス
2「中四国・沖縄チャンネル」バナーの下にある
「PLAY」ボタンをクリック☆
3ラジオ放送が流れます♬

インターネット環境さえあれば、世界中どこでも無料で聴くことがで きます♬(ネット接続速度の関係で、流れ始めるまでに少しお待ちいただく場合がございます)———–#ゆめのたね #ラジオ #運命図書館 #アイテール #下田直人 #ターニングポイント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)