最新記事

【“組織文化設計の学校”をスタートしました!】

【循環】 サイクルビリティという視点で組織文化を考えるプラットフォーム・コミュニティです。 『語りつなぎ』『恩 […]

【新書籍紹介「新標準の就業規則」】

2021年6月30日に出版された下田の新書籍「新標準の就業規則」がこの度電子書籍化決定! 9月17日から発売と […]

『成果の出し方』マスター講座 〜一生つかえる技術を1日で習得する!〜 1dayセミナー開催!

『成果の出し方』マスター講座 〜一生つかえる技術を1日で習得する!〜 自分にとって価値のある未来を見つけ出し、 […]

ニュースをすべて見る

-ご挨拶-

『循環をテーマに世の中の幸福に貢献する』

SDGSやサスティナブルという言葉が聞かれて久しくなっています。
世の中は、直線的成長ではなく、循環をテーマにした経営が求められています。

循環思想を根底に問題解決の方法を検討していくと、
経営者=従業員=世の中
現在=未来
など、目の前のことだけを考えるのではなく、問題を俯瞰し、
長期的視点で関わる人の幸福を追求するサービスを提供していきます。

-vision- 目指す未来

“商人が世の中をよくする循環をつくる”

という視座で経営・労務を考える そう捉えた時の就業規則のつくり方が変わる

-Concept- 価値観

ご提供できるサービス

未来会議

経営者と従業員で、もしくは従業員だけで、「共に良くなる未来」を考え、話し合う場を創り出す。未来会議は、会社と従業員が「共によくなる!」関係をつくるためのワークショップです。

ディスカッション
パートナー

自社らしい在り方をはっきりさせたい。目標達成までの筋道がイメージできない。そんな経営層に向けて“自社の姿を正確に知るため”の労務知見も踏まえたディスカッション伴走サービスです。

語りつなぎメソッド

次の世代に事業を承継していくための伴走ファシリテーションサービスを行っていきます。

-お客様のお声-

社内ファシリテーションから経営に振り返りまでお世話になっています。 下田さんとは、社長就任直後から15年以上お世話になっています。 毎月の経営幹部会議に出席してもらい、外部専門家の意見をもらい、必要に応じて社員研修などもお願いしています。 数年前には、ソーケンの未来を考える「みらい会議」のファシリテーションをお願いしました。 研修嫌いの当社社員もこの会議には積極的に参加し、この会議のおかげで、5ヶ年の計画を2年で達成することができました。 最近では、年に1度、下田さんと二人合宿を行い、1年間の経営を振り返るコーチングをお願いしています。 単なる1年の振り返りではなく、このコーチングを通して、100年後の当社に残していく「ソーケン経営心得」を作成しています。

株式会社ソーケン(東京都) 代表取締役社長 有吉徳洋様

下田先生とのセッションは2018年9月から月2回のペースで受けさせて頂いています。 毎回、「今日はどんなテーマで話しましょうか?」から始まり、その時に相談したいテーマを伝えます。その後、下田先生からの色々な質問に答えていくと自分では思いもつかないようなアイデアが浮かんできたり、そもそも何について悩んでいるのかなどいろいろな発見が毎回あります。 相談のジャンルも仕事の専門的な話題から事務所経営、マネジメントなど多岐にわたります。 元々、私は社労士で主に給与計算や入退社手続がメイン業務でしたが、昨年くらいからクライアントの社長コーチングの受注やスタッフ研修など業務内容にも幅が出てきました。 下田先生とのセッションの中でクライアントの話を聞くことの大切さを教わりました。 クライアントが何に困っていて何を解決したいのかを根気よく聞いてあげる、それだけでもクライアントは満足してくれますし更にどうしたら解決できるかを一緒に考えることでより信頼関係が深まったように感じます。 クライアントとのセッションを続けながら下田先生とその都度、今後の方向性を確認できるのも非常にありがたいです。 そして、何よりも相談したことに対して否定をされたことはありません。私はメンタルが弱いので否定をされると落ち込むタイプなので、そこも私としては非常に相談しやすいところです。 今月で丸3年が経ちますが相談内容が尽きることはありません。さんざん悩んで相談したことが数分で解決したこともありましたし、大した相談ではないつもりが非常に深い内容だったり自分で予め想定していたことと違う結果になった時が相談してよかったと思います。 自分自身もそのような視点を持てるようになりクライアントに日々寄り添っていけるように勉強させて頂いています。 最後に独立して自分の決定に自信がない人やクライアントとの関係性に悩まれている方や経営者、管理職の方は特におススメです。

ZEN人事労務サポート(静岡県)  代表松永卓也様

下田先生には経営者ディスカッションパートナーとして毎月コーチングして貰っています。その中で、法人代表に就任して間もない頃、事務所経営について相談した際に、事務所の理念とクレド作成をアドバイス頂きました。下田先生のファシリテートの基、全職員を巻き込んでの研修を行い、「事務所の向かうべき道」と「職員の夢」、そして「社会への関わり」が切っても切れない関係である事を確認しながら理念を制定し、そこから1年かけてクレド(行動指針)を作成しました。下田先生のスゴいところは、コーチングを通してその人が持っているけど気付いていない「答え」を的確に引き出してくれること、さらに抜群のファシリテーション能力でその「答え」を最高の形に具現化してくれるところにあると思います。沖縄の明るい未来を切り開くパートナーとして今後ともTISを宜しくお願いします!

社会保険労務士法人TIS(沖縄県)代表 玉城巌様

-著書-

新標準の就業規則

「就業規則の神様」が明かす”幸せな会社”の社長が大切にしていること

人が集まる会社
人が逃げ出す会社

みんなが良くなる みんなでつくる みんなの就業規則

-エスパシオ公式チャンネル-